フィリピンパブでの生活

フィリピンパブ業界を真剣に考える。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チャリティコンサートに絡んでいた先生って・・ 

チャリティに絡んでいた大物政治家って
総務副大臣の倉田と元公設秘書だったんですね。(この記事によれば)
証拠がない限りどうとでも逃げられそうだけど・・

例のNPOの事実上の運営者が、倉田の元公設秘書で、(これ知ってた人多いの?)
倉田とこの元秘書が法務省と外務省に働きかけていたと・・・

そのうち誰か、事情通の人たちが話題にするだろうから楽しみだ。
もうこれくらいしか業界のネタないし・・

こういうネタも選挙絡みかね・・

一応、アカヒソースのニュース原文。

チャリティーコンサートに出演すると称して興行ビザをとらずに来日したフィリピン人女性を
フィリピンパブで働かせていたなどとして、静岡県警が今年9月に強制捜査したNPO法人側の
短期査証申請に絡んで、総務副大臣の倉田雅年衆院議員(自民、比例東海ブロック)から
入国管理行政にかかわる法務省と外務省に発給で便宜をはかるよう働きかけがあったと、
両省の複数の関係者が朝日新聞社の取材に証言した。また、このNPOの事実上の運営者は
倉田副大臣の元公設秘書で、元秘書も同様に両省に働きかけていたという。

 これに対し、倉田氏は「働きかけたことはない。(私の名前が)出ている理由はわからないが、
元秘書らが名前を出したのだろう」と説明。元秘書は「支援者から倉田先生に話があり、
先生から『調べてやれ』と言われ、自分が役所と相談しながら法に触れないような仕組みを作った。
今回の事件は店舗が私の仕組みを守らなかったためだ」と話している。

 日本のフィリピンパブで働く女性をめぐっては、米国務省の「人身取引報告書」(04年)が日本を
「要監視国」に指定するなど国際的に「人身売買の温床」との批判が高まった。これを受けて
法務省は興行ビザの発給資格を厳格化。その結果、04年には年間8万件を超えていた
フィリピン人への興行ビザが07年には5千件台まで急減していた。

 しかし、07年になって、「チャリティーコンサートへの出演」を名目に短期滞在ビザで
フィリピン人女性が来日するケースが相次いだ。この手法について脱法行為の可能性がある
と判断した警察・入管当局が全国的に内偵を始める中で、今年9月、静岡県警が五つのパブに
フィリピン人女性を派遣していた団体「未来チャリティー実行委員会」とNPO法人「MIRAI」
(いずれも静岡市)の強制捜査に着手。双方の団体と関係の深い浜松市のフィリピンパブ
「クラスメッツ」の経営者(47)らを風営法違反(無許可営業)や入管法違反(不法就労助長)容疑で
逮捕するなど実態解明を進めている。

これまでの調べなどによると、未来チャリティー実行委員会は07年春ごろから、
06年に土砂災害で被害を受けたフィリピン・レイテ島への復興支援のチャリティーショーを
するとして女性の短期ビザを多数申請。女性らはフィリピン大使館主催のコンサートに出演する一方、
浜松市のパブなど5店舗に派遣されていたという。

 一方、関係者の証言によると、倉田氏はこの案件について「チャリティーの件をよろしく」などと
外務当局や入管当局に複数回にわたって働きかけをしていたという。また、NPO法人関係者などによると、
倉田氏の元公設秘書は、発足当時からこの団体に関与し、関係省庁からNPO法人への
連絡先となっていたほか、ビザの発給の状況について関係省庁に頻繁に問い合わせをしていたとされる。

 倉田氏は弁護士で、00年の衆院選で初当選。現在3期目。自民党の法務部会長などをしていた。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


サイトマップ

カテゴリ別全記事一覧表示

疑問や質問があれば、まず読んでみてくださいね。記事内にあなたの求める答えがあるかもしれませんよ。
プロフィール

Author:ビアンキ
私のスタンスですが、現在は廃業したため、限りなくニュートラルでだと思います。

ただ、フィリピンパブ業界がしてきたことへの説明責任はあると思いますし、私たちの業界が人身売買というレッテルが貼られた以上、遠くない未来に警察や入国管理局等の行政機関や悪意ある元客やタレントに一方的に従軍慰安婦のようにスケープゴートに使われる可能性もあります。(当然業界サイドの責任転嫁でないですし、私が重要視しているのは、その考えに至った経緯や根拠な訳で業界潰しの全てを否定しているわけではないです。

私はそれを危惧し、指摘していきたいと思います。ここを見ることでPP業界の違った一面が見られるかもしれません・・・

判断材料として何かを感じ取っていただければ幸いです。






記事へのコメントは、基本的に内容に沿っていれば自由です。当然、他者へのレスも自由です。

アクセスカウンター
最近の記事+コメント
カテゴリー
ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ フィリピン関連サイトランキング フィリピン系ホームページランキングサイト!!

FC2ブログランキング

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

Tree-LINK
ブログ内検索
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。