フィリピンパブでの生活

フィリピンパブ業界を真剣に考える。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

某所での騒動について 

ごめんなさい。当事者のビアンキです。

某所での出来事ですが、なぜ他の住民がだんまりを決め込む中、相手にしたのか?と思われる方も多いと思います。

私の意見としては「スルーされるにはそれなりの理由がある」の一言で済むことなんですよね。

「荒らしを相手にするのは荒らしと同じ。」

いろんな掲示板でそういうローカルルールができているのも納得できます。
火に油は注がないという意味で放置が最適なのは間違いないですよね。

なんで、きっとあの場にサイト主(あえてそう呼ばせて頂きます)が出てきていれば
どんなをレスをしようが彼らの燃料にしかならなかったと思います。

「なぜ放置するのか?なぜ住人は相手にしないのか?」

この理由をそういう輩と醜い、不毛な争いを皆さんに見せ付けることで理解させるのが目的なのです。(これは別に私もそういう人間と一緒に見られていいんです。ココロイタイケドw)

ただし、私の場合は自分のブログならまだしも人の掲示板でしてしまってますからね・・
その辺は大変反省しております。無駄に長引かせてしまったし、方法自体もベストとはいえないですしね・・
おまけに別に頼まれたわけでもないのです。
きっとサイト主もドン引きでしょう 苦笑

まぁ途中から正常?な流れになったし、他の方の新しいスレも建てられて良かったです。

だって、昔のうちのパターンと似た流れで
入れ替わり立ち代り似たような人が出てきて、似たような文体と内容でレスするんだもんねぇw
でなぜか関係ない人が他の人の質問に答えたりねw

ログやIPアドレス取ってるわけじゃないでしょ?ってのがもう確信犯(誤用ver)的なんだよね。

だったらちゃんと名乗るべきだと思うだけど。やたらROMって使うけどねw
いやー某大型掲示板生活が長いとはいえ相手にするの正直しんどい・・

で、話が変わりますが・・

気に入らないのなら書き込まない。嫌いなサイトなら無視すれば良い。
というのは実は俺もちょっと違うかな?と思っている派なんです。

まぁその理由にもよるんですがね。
当然、中身のない人格攻撃的なレスは論外ですがね。
マンセー意見ばかりで反対意見はことごとく削除したりするのもどうかと思ってます。
嫌なら来るなの同等です。理由になってないので。

そして、最後に予言レスしときます。
こちらにまで出張ご苦労様ですw
スポンサーサイト
記事編集 [ 2008/07/27 02:43 ] 雑記 | TB(0) | CM(24)

主義主張関係なく俺はただ悔しかった・・  その4 

少し前の話になるが、某店を摘発した警察署が管轄内のPPに立ち入り調査をした。
近隣住民の苦情らしいですが。。

この店は、今でこそタレントはいないけどPPなんですがね、
このお店、風俗営業どころか深夜営業の許可すらもなく24時以降に接客をさせていた。

それを現認しているにも関わらず、この安佐○署は、指導だけで済ませている。
それも「風俗営業が取れるまでは、隣じゃなく正面に座らせろ」と具体的に・・

俺が記事にしている同じ管轄内で摘発した某店には「タバコの火をつけるだけでも接客なんだよ!」と言っているんだけどね。法の下の平等は一体どこにいったんでしょうね。。

しかし、それを裁判で指摘した弁護士さんは凄いよ。
おまけに入管の逆恨みじゃないかとまで言っちゃうんだから・・

(事実、ビザの発給の件でこの某店は入管に対して弁護士を立ててお伺いをたてている。すると入管のK氏は「部下のI田が勝手にやったことで申し訳ありません」と謝罪し、ビザはスピード発給。おまけに「逆恨みの報復は絶対しません」とまで言わせた事件があった。実際は警察を使って間接的に報復しているが、この件、入管が絡んでいるのは間違いない。なぜなら、入管の某ポストの方が警察に弁当オゴっているんですよ。あからさまに怪しすぎる)

おまけに裁判官が、風俗営業を取れない理由について、被告である経営者が質問された時に
県○本部の○○さん等と具体的に名前出して「相談したら、ここは取れない場所だから深夜飲食のみで大丈夫だ。他の店は無許可なくらいだし、この近辺で許可取ったのはあなたくらいですよ」と言ったなどと暴露しちゃうんだから面白すぎる!でもしょうがないよね、裁判なんだから本当のこと言わないと・・ 苦笑

検察の若いお姉さんも言いようがないしさ。(最近、検察官も若い女性の方が多いみたいです。)

ただおもしろいのが、正義に燃えている(苦笑)検察は「違法性の認識」という点で、行政側にもあったはずだ、被告のみを罰するのは片手落ちだというとムキになって否定しますね。。「そんなもの行政は認めてない」って。(立場的に当たり前なんだろうけど)

でも、知らないわけないでしょう?これだけ全国にPPがあって、年間何万人もタレントが入国して一般にも広くPPが認知されてきていたのにねぇ・・(広く認知という点では異論は認める 笑)
まぁその辺の話をすると、資料が手元にないのでわかりません。と逃げられましたが。

でもそれって逃げだよね。何回も言うけど、いちいちその事件の背景なんか気にしていられない、適法か違法か杓子定規でしか物事を判断しないのなら検察なんて人間である必要ないだろうに。

で、「模倣性が高く悪質である」なんて言っちゃってさ。
どこが悪質なんだよって聞いたらそれをいうのは決まり文句らしい。(本件の検察官がいったわけじゃないですが)

そんなものなの?
記事編集 [ 2008/06/09 20:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

主義主張関係なく俺はただ悔しかった・・  その3 

今回のこの店の事件についてですけど
業界ではわりと有名なブログでも書かれていましたね。
読まれている方もいらっしゃるんじゃないかと思いますけどね。

その方も俺と一緒で同情的なスタンスで書かれてたんですが
一部、事実と違うのとあの時点でまだ関係者が拘留されていて事実関係も完全に把握できてないのに
適当に書きすぎだろと思って思わずコメントしてしまったんですがね。

で、この店について、部外者の俺が「なぜここまで擁護しているか?」なんですがね。
まぁ本当にタイトル通りの悔しいという感情なんですが
わざわざ書こうとまで思ったのも
とても心を打たれた事がありましてね・・

というのは、逮捕されたタレントが経営サイド宛てに手紙を残しているんですよ。
普通は強制送還は確定で、身の保身やヤケクソである事ない事を言いそうなもんですが
強制送還される前に店の関係者に向けて感謝の手紙を残しているんですよ。

普通、逮捕拘留されて厳しい取調べもある中、
経営サイドに向けて「ありがとうございました」って感謝の言葉が出るかな?ってね。

ただ利害関係が一致しただけじゃ
こういう言葉って出ないと思うんですよ。


このお店はタレントから愛されてたんだなぁ・・って俺は思ったんですよ。

おまけに警察や検察に抗議をされたお客さんもいたらしくて・・(この方がどういう立場でPPの違法性について、どの程度の認識があったのかはわかりませんが)

そういうお店がね、悪質な店以上に厳しい処分を受けて
経営者は保釈請求まで蹴られるって一体なんなのかと思ってるわけです。(一応最終的に認められてはいるんですが)同様の事件からは考えられないです。

ハッキリ断言しますが、このお店は余罪は一切無いです。
無いだけに関係者の拘留が延びたのかもしれませんがね。
きっと叩けばホコリがでる店が多いんでしょうがね。
いくらなんでも見込み捜査も甚だしいんじゃないの?
これじゃ、やってもいない事までホイホイ認めて早く出たくなる気持ちも分かるってもんですよ。

だってさ

女の子が持ってきた衣装のスカートが短すぎるって
「スカートに下に短いスパッツみたいなの履かせるように指導していた経営者」が

警察と検察の捏造かトンデモ解釈にかかれば

「経営者はタレントに強制的に短いスカートを履かせていた」
ってなるんだぜ?

余罪が出ない、自分たちの筋書き通りに進まないとこういう暴挙に出るわけだよ。
どういう経緯でそういう話になったかわかんないけどさ
逆にタレントから感謝の手紙があってグーの根も出なかったんじゃないの?

願わくば調書を見せて欲しいもんですよ。

またもや続きます・・・
記事編集 [ 2008/05/04 05:52 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

主義主張関係なく俺はただ悔しかった・・  その2 

暇人なんで数度、こういった事例で起訴されたものについて裁判を傍聴したのですが、
特に気になったのが警察や検察の主張する「違法性の認識がありながら・・」という点。

違法性の認識という点でいうならば管理監督責任のある入管や警察にも責任の一端は確実にあると思うのですが・・ぶっちゃけた話「グル」といってもいいと思いますがね。
俺は入管行政や業界が正常になるのなら致し方ないというスタンスでしたが、
その過程があまりにも滅茶苦茶すぎる。

店が完全無許可営業でタレントが密入国しているならともかく、PPを開業するという許可を得ているし
実質、接客を容認している実態があったわけで。。

それが数十年サブカルチャーとして広く認知されてきたのを、行政側が都合が悪いことをだけ無視するなんておかしくないかい?違法なPPが単独でここまで大きくなれると思ってるのかよ?

警察も検察も「違法な接客の実態」を争点にするなら入管や警察も
なぜタレントが年間数万人入国し、公然と接客が行われてきたかについて
説明できないと片手落ちだと思うけどね。
シラなんかきれるわけないし・・未必の故意だろ。

検察は、そういった実態については完全に無視。
外パブ業界がどうして発展していったかなんて実態を知らないくせに、何が「接客の実態」だよ。
接客の実態だけをクローズアップして行政に不利な業界の実態なんて都合よく無視をする。

社会通念なんかを無視して杓子定規的にしか物事を判断しないのなら、検察なんて人間である必要ないだろ。
機械にでもやらせてろよ。そもそも検察は生殺与奪を自由にできる権限が強大でありながら、おかしい人間が多すぎる。
今回の事件の関係者なんて、他の同法違反の人間に比べて悪質じゃない事が明確であるにも関わらず(オーナー以下前科、前歴が全く無い)20日拘留で接見禁止もつけられている。(経営者の妻、プロモまでも書類送検)

経営者に至っては一ヶ月以上の拘留、保釈請求も検察の猛烈な準抗告を打たれて却下されている。
理由?「証拠隠滅の恐れがある」らしいですよ。関係者全員拘留期限いっぱいまでぶち込んで
その間に、店や従業員の家にまでガサ入れまでしてるのにね。何を隠滅するんだろう。
おまけに起訴までされている。初犯なら略式起訴で罰金50万が今までの判例だったのに。
(この横暴とも思える処遇が私が無責任にPP業界の存続を願うのは止めにしようと思った理由のひとつです。)

あえて、この件とは言わないけど「恫喝による自白の強要」なんて普通にしているみたいですね。
一応、検察取調べでは警官も同席しているけど「宮仕え」が検察に不利になる事を喋るわけがないので。。取調べの可視化って本当に必要だと思いますけどね。

こういった点を警察関係者に問い詰めたけど、まともに回答できる人間なんていなかった。
本当に警察は模範解答というべき「宮仕えなので仕方ない・・」しか言わないんだから。。
それでも心情的な面では検察より理解力はあると思いますけどね。
ただ、心情的に理解はしていますが、上の命令には逆らえないので平気でヤクザより酷いことしてきますよ。

たった一度の警告で終わるものを人員や予算を組んでまで「手柄」のために、本来犯罪を未然に阻止すべき立場である警察が自ら犯罪を誘発し、その罪を訴追するなんておかしすぎる。

(誘発は言い過ぎかもしれませんけど、この事件においてはPPの営業許可を受ける際にお伺いを立てていたわけで。時代が変わったというのであってもやり方があろうに・・という事です)

さらに続く・・
記事編集 [ 2008/04/28 03:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)

主義主張関係なく俺はただ悔しかった・・ 

ずっとこの記事を書くべきか悩んでいたのですが、
時期的にもう良いと思うので書きます。

実は私が個人的に推していたPPがついてに摘発されてしまったんですね・・

ちょうどその時、私は地元にいなくて元店長から連絡を受けて知りました。

この店が摘発された事で私の中で完全に終わった感ありました。。
見限って辞めたヤツが何を期待していたんだ?と思われそうですが、私だって好きでPPやってたんですからね 笑
少数でも既存のPPが生きていけるのならそりゃ嬉しい訳ですよ。
このお店みたいなのが残ってくれればっていう淡い期待があったんです。

あと、話を聞いていて
とても
悔しかったんですよ。。

このお店、20年以上の伝統があるお店で「超」が付くほどのマジメなお店でして
デートはここ数年させてないし、タレントに携帯すら持たせないお店でした・・

まぁそういう信念関係なく
既存のシステムのPPである以上、摘発されるリスクを私は主張し、そして撤退をしたのはここで幾度か書きました。ただね、単に入管から実態調査が入って「タレントを帰しなさい」っていう話なら、私も役目を終えたブログで語らなかったと思うんですがね・・

話を元に戻します。
このお店の容疑ですが、お約束というべきか入管難民法及び風俗営業法違反(無許可営業)です。

まぁ接客に関してはこの業界「暗黙の了解」というか黙認されてきたのは周知の事実です。

無許可営業・・
この件については少々事情がありました。

営業許可が無かった訳ではなく、風俗営業の許可が無かったんですね。
無いというより取れない場所だったのですが・・

20数年前、この地域には数店あるPPは風俗営業どころか深夜飲食の許可すらありませんでした。。

ここのオーナーが店を始めるときに警察に相談したところ、この辺のPPは許可なんて取ってないけど
まぁ深夜飲食の許可でも取っておけば?朝まで営業できるし・・という感じだったらしいです。
つまりこの地域で一番初めに許可らしい許可を取っていたのは、このお店でした。。

それから20数年、警察はおろか入管の実態調査なんてものはなく、細々と営業を続けていました・・
警察は年に数回、許可証の確認やタレントの首実検このお店を訪れることはありましたが、特に何の注意や警告を受けることはありませんでした・・

それがある日突然、警察から摘発を受けてしまったんですよ。
深夜飲食でも取ってれば?といった管轄の警察からね・・

そりゃ警察の言い分は「容疑を見れば」正しいよ。

でも当然知ってるじゃん?
国道沿いにあるお店で・・お宅らも来ていたでしょ?

これって
PPをスケープゴートにした「騙まし討ち」といってもいいんじゃないかと・・

続く・・
記事編集 [ 2008/04/24 02:02 ] 雑記 | TB(0) | CM(7)
サイトマップ

カテゴリ別全記事一覧表示

疑問や質問があれば、まず読んでみてくださいね。記事内にあなたの求める答えがあるかもしれませんよ。
プロフィール

ビアンキ

Author:ビアンキ
私のスタンスですが、現在は廃業したため、限りなくニュートラルでだと思います。

ただ、フィリピンパブ業界がしてきたことへの説明責任はあると思いますし、私たちの業界が人身売買というレッテルが貼られた以上、遠くない未来に警察や入国管理局等の行政機関や悪意ある元客やタレントに一方的に従軍慰安婦のようにスケープゴートに使われる可能性もあります。(当然業界サイドの責任転嫁でないですし、私が重要視しているのは、その考えに至った経緯や根拠な訳で業界潰しの全てを否定しているわけではないです。

私はそれを危惧し、指摘していきたいと思います。ここを見ることでPP業界の違った一面が見られるかもしれません・・・

判断材料として何かを感じ取っていただければ幸いです。






記事へのコメントは、基本的に内容に沿っていれば自由です。当然、他者へのレスも自由です。

アクセスカウンター
最近の記事+コメント
カテゴリー
ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ フィリピン関連サイトランキング フィリピン系ホームページランキングサイト!!

FC2ブログランキング

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

Tree-LINK
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。